2006年10月23日

AVRでサーボの制御

Tiny2313でサーボ信号を生成させ、サーボを動かしてみた。

動作するには動作するんだが、AVR(周辺)に触るとサーボが挙動不審になる。

しかも、片方のAVRからはサーボ信号が出ていないことが判明。

AVRの入れ替え等をしてみた結果、回路に問題があるみたい。


ってことで、片方の回路が使えることが判明したので、これで実験を継続する。

そのうち本番用ボードを設計しましょうか。


本番用ボードの仕様↓

マイコン : AVR ATMega128 (16MHz) × 1

サーボ出力 : 4本

その他インターフェースの搭載予定あり。


もう少し電源周りの線引きや、線と線のピッチの調整を行って、確実な動作をさせたいね〜。



あ、すっかりメインボードのプログラミングを忘れてた。
posted by ヤシガニ at 07:39| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25986494

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。