2008年11月16日

さっそくですが・・・

コケました(・∀・) 京都のDucatiとTriumphのディーラーに行く途中で。

SPADAの右側が面白いことにwww写真は後日!

ちゃんと上下+足をプロテクターで固めてあったので走行は全く問題なし。

ただ、両手が捻挫っぽい・・・・。月曜に病院逝ってきます つД`)


たぶん今年最後のツーリング。今回の目的は試乗。

一応、試乗の感想を。街中を軽く流しただけなので・・・信用度は低目かと。

Ducati

・1098 : とにかくブレーキが最高!本当に思ったとおりに減速できます。
エンジンもすごく良い。ドコドコと走ってるだけで楽しい。峠道で試乗したいですねぇ。
Vガンマに乗ってるおかげか、乗ってしっくりくる車体でした。

・ハイパーモタード : 大きなトルクと軽快な車体。店員さんも言ってたけども
中低速コーナーが続くクネクネ峠道はぴったり。結構惚れました!
かなり体が立つので、景色を楽しむことができました。ツーリングに良いかも。

・モンスター696 : 排気音は結構迫力があります。が、パワーはそこそこ。
あまりにもハンドルが広く、違和感が。クラッチのミート位置調整機構がないらしく
微妙感が増大・・・・。
どれを乗っても、独特のクセがありますね。ただ、コレがまた楽しい。

1098とハイパーモタードをしっかり乗り比べして、どちらが良いかを考えたいですね。

Triumph

デイトナ675 : 来年からフロントのデザインが変わる、微妙な子。
個人的には今の可愛いデザインのままが良いんですが・・・・。
エンジン、ブレーキ、車体から感じたことは、全てが「優しい事」。
エンジンは乗り手の思い通りに吹け上がり、その音色がなんと気持ちよいか。
信号待ちでフュンフュンやってしまいます(;´Д`)
ドンツキは皆無。初めて乗る場合でも楽しく乗れますね。
ブレーキと車体が優しいおかげで、街乗りがすごく快適です。

スピードトリプル : 1050ccの3気筒エンジン。デイトナよりもガサツに回る。
排気量が大きいだけあって、思い通りにトルクが出てくる。
エンジンのほうに意識が集中してしまっていて、ほかは忘れてしまいました(;´Д`)
でも、どこか自分にはしっくりこない。
入荷するとあっという間に完売してしまう理由がわかった気がします。

恐ろしく乗りやすいバイクですね。かといって、攻めれないバイクではない。

価格も国産車並ですし、初めての大型バイクとしてちょうど良いですね。


今回の試乗では

・Triumphの3気筒は非常に良く、購入を検討する価値がある

・モンスターはダメ・・・・体が合わない

ということを得ました。


デイトナが来年から残念なデザインに変わることが原因で

現在の選択肢はストリートトリプルと1098、ハイパーモタードの3つ。

デザインさえ変わらなければデイトナに流れているところなのに・・・・。


Triumphの店員さん曰く、「個性を取るか、扱いやすさを取るか」。

まさしくその通り。Ducatiは独特のクセがあり、これが個性。

Triumphは250ccから乗り換えても違和感がないぐらいの扱いやすさ。


もともと次のバイクの選定条件は

「街中でただ流していても楽しいバイク」

ですが、選択肢の三台は十分に満たしています。発進〜停止までを楽しめます。
(国産4発はもちろん却☆下〜)


さあ、来年までの課題がひとつ増えたwww


あ、中古という選択肢は無し。

中古の恐ろしさが身に染みているので、次だけは新車にしたいのです・・・・。
posted by ヤシガニ at 20:15| 石川 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109760625

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。