2008年10月30日

良い火・良い圧縮・良い混合気

ガスケットが新品になったので、ガス漏れは無いはず。

マフラーにかかっていた汚れはオタフクソースだったので問題なし。


ということで、基本に戻ってみます。

まずは火。プラグを抜いて、コードにつないだままボディーアース。

そこでキックを下ろすと両方ともバチバチと火花が発生。全く問題なし。
少し感電しましたが・・・・。

次に圧縮。コンプレッションゲージを買ってきたので、早速使ってみる。

これは両方とも基準値の8.7kg/cuをクリア。全く問題なし。


次は混合気。片方のコードを抜いて片肺にしてエンジン始動。

片方は問題なく回ったけど、もう片方が回らない。

ってことで、混合気が怪しいのでキャブをばらしました。

cab.jpg

ところがジェット類は全く詰まってない。きれいでしたー。

あとはエアーソレノイドぐらいしか・・・・。

あ、一応排気バルブもばらしてきれいにしてあげましょうか。


温まってからだと、フロントアップしそうな加速ができるんですけどねぇ。

パイロット(スロー)系だと考えたのは違ったみたいです。
posted by ヤシガニ at 00:32| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。